私はとれいC

専業主婦という名のセミリタイア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。遅い?
年中やる気ないけど冬は特にやる気しなくてね。
年越しの準備も何もしないまま年明けてたよ。

f:id:sakenominimal:20210103204047p:plain

鏡餅にお金出したくないけれど雰囲気は出したかったのでプロテインのシェイカーの蓋にみかん乗っけてみました。翌朝起きるとなんの反応もなく旦那に撤去されてましたw

前の記事でロコンドの株買おうかなとか言ってたけど結局買いませんでした。結局そういう愛着消費的な金の使い方をするほどの余裕はまだ私にはないかな。気分の問題かもしれないけど。

もっとガチで伸びそうと心から思う米株をひたすら買い漁る年越しでした。機関投資家が休んでるせいか知らないけど人気銘柄の大バーゲンみたいに見えて60万円も使ってしまいましたw実際上がるかは蓋を開けてみないとわかんないけどね。

去年は資金100万で6月から株を始めたけどコロナバブルに便乗するような勝ち方はできなくて、結局大きな利益はガースーの携帯キャリア叩きのとき買ったdocomoのS高11万ぐらいかな。実際はもっといろんな株で10万ぐらい勝ったけど同じぐらい負けてもいるので。

今年の目標は利確50万円…と言いたいところだけど、頑張るのは私じゃなくて相場や企業だからねw目標はもう少し自分でどうにかできるものの方がいいね。強いて言えば高値掴みしないこと、底値の見極めの精度を上げること、になるのかなぁ。絶対は無理な世界ですけど。

でもなんやかんやこういう趣味ができてよかったなと思う。株以外だと、去年の夏に0円で家を仕入れたので、そこのリフォームをいい加減終わらせないとなぁと思いつつ、寒い。

ネタになりそうなことはいろいろある一年だったけど、あまりまめな性格じゃなくて面白く逐一ブログやらnoteに更新できなかった。ちゃんとまめにウケるもの書いて広告やらアフィリエイトやらnoteこちょこちょやるのも立派な仕事だよねーって今更。でもあれデスクワークなのに体力ないと無理なのよね。

私は現場いると目の前で精一杯だし、家にいると何もしなくなる。そして万年元気がないwどうにかしてくれ。

炎上した芸能人がYouTube番組作る時代

お久しぶりです、最後のブログ更新5月てw

近頃はコロナ相場に便乗して株デビュー、すっかり株カスな日々に明け暮れていました。いつもTwitterだけで気が済んじゃうのであんまりブログは書いていなかったのですが、久しぶりに長く込み入った話を書きたくなったので筆を取ります。

 

私も凡人にしては人一倍インターネットで炎上してきている自信がありますが(そんな自信いらんw)、それにしても最近は芸能人やら有名人もすぐ炎上するようになりましたね。知らん芸能人が不倫だかなんだかで炎上してそのニュースで初めて名前を知る、ということが多いです私は。そんな中で、

 

・スキャンダル退所王手越

・反社闇営業オフホワイト宮迫

・専門家じゃない立場でざっくり学問を語り炎上するオリラジ中田あっちゃん

 

の3人が集まって作ったYouTube番組が始まると聞き、大変興味深い取り組みであると思いました。私はテレビ観ないけどYouTubeはちょいちょい観てて、理由はよく言われる「テレビがつまらなくなった」ってやつですが、テレビ現場の最前線にいた芸能人たちの口からその話が語られる、というのはすごい時代ですね。

 

番組名『WinWinWiiin』

あっちゃんと宮迫さんがレギュラーで初回ゲストが手越くん。つまり今後もこの番組は続いていく、新しく未知だがなんとか軌道に乗せたい、成功させたい、そういう野心と言いましょうか、まるで脱サラした起業家が集まってこれから新しいことを起こそうとしているような、そういう輝きを感じました。初めWinWinWiiinの独自のチャンネルでやるのかなと思っていたら、前半あっちゃん、後半宮迫、おまけ手越のそれぞれのチャンネルで3本立てなんですね。本当に大手のお膳立てとかなく立ち上げたんだな、って実感しました。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

三人の日頃の動画スタンス

手越くんはあのネタのようなキャラが面白くて応援しててちょいちょい動画も観ています。アツい若者ってかんじで、もうとにかく退所して好きなこと新しいことたくさん挑戦できて楽しそうですね。

 

また宮迫さんもYouTubeに来てからちょいちょい動画観てて、普通に喋ってるだけでマジ面白くてすごい、近年テレビ観てなくてオフホワイト騒動も動画で聞くまで知らなかったけどこの人本当に実力あったんだな、と思いました。宮迫さんはYouTubeも盛り上げたいけどいつかはテレビに戻りたい、といつも言ってますね。

 

あっちゃんは…ごめんなさい、あまりよく知らなくて。怠惰ゆえYouTubeでまで勉強したくないものでwよく動画内容の学術的な真偽で炎上しているのを見かけますが、私も学問に詳しくないし興味がないのでよくわかりません。強いて言えば、彼の発信を観て楽しんでいる人がいてそれが違法や規約違反じゃないなら万事OK、それが資本主義では、とは思います。真偽が曲がって伝わることが問題なら、変えるべきはあっちゃんの姿勢ではなく法律や規約ではないでしょうか。私としては自分は観ていないのでどちらでも良いです。ただ、よく知らないなりの外野の印象としては、彼はもう芸能人や識者というより、エンタメもできるビジネスマンとしてやっていきたいのかな、というイメージがあります。違ったらごめんなさい。

 

番組の感想

手越くんの番組での主張はいつも通り、という印象でした。本人が毎日楽しく意気込み充分なことはよくわかるのですが、正直意識が高すぎてついていけないことが多いです。良くも悪くも「俺が楽しければ視聴者も楽しいはず!」って自信満々というか。そして事実彼のガチのファンはそうみたいですが。この番組の発案者はあっちゃんみたいで、こちらもまあ意識が高いですね。スター性のある芸能人をプライベートの素行の悪さだけを理由に潰してしまう今の芸能界の問題など、非常に的を射ており興味深いことは確かですが、正直この二人、アツすぎの意識高すぎで番組を観ているのかミーティングを聞いているのかわからなくなりちょっとついていけないことがありました。ぶっちゃけ私がたまに個人で参加するブロガーの内輪のオフ会とそう変わんないというかwそんなんテキトーなスタジオで投げ銭生放送でいいじゃん、というか。そこをボケツッコミで中和して見事にきちんとした面白い「番組」に昇華してくれたのが宮迫さんかなと思います。あともちろん編集も。

 

番組内でもあっちゃんに言われていましたが、特別テレビに戻りたいわけではない手越、本音はいつかテレビに戻りたい宮迫、と対照的な方針も印象的でした。自分がやりたいことをイキイキと繰り広げてくれたのが手越、それを段取り良くまとめて進行してくれたのが中田、終始視聴者のことを気にかけて面白くしてくれたのが宮迫、と非常にバランスが取れていてよかったと思います。

 

宮迫の会見ネタを笑っていいのか

番組内の宮迫さん、キレッキレでした(笑)

  • あの謝罪会見以来、会見恐怖症。手越の退所はおろか政治会見すら観られない
  • 自分のいないアメトークをようやく観られるようになり、過去映像で編集された自分の肩が出るだけで嬉しい

こうして箇条書きだけで見ると果たして笑っていいのか際どいネタではありますが(笑)

 

ものすごく真面目な話をするなら、宮迫さんは自身のチャンネルで「自分の全てをネタにしてでも笑わせたい、笑ってもらえるなら死んでもいい(本当に死んだらいけないけど)、それが芸人」と公言しているので、ここは笑って正解と思います。…なんていちいち言う時点で白けてしまう気もしますが。彼は自身のチャンネルで会見後相当凹んだとも言っているのですが、彼なりにある程度きちんと立ち直って覚悟してYouTube始めてそのときのことをネタにするまでになっているのです。まあそもそも、私としては芸能人なんて一生会うこともないし画面で面白ければプライベートで何やからしたかなんてどうでもいいんだけどな…

 

でもこれでまたネタにすると「反省してない」とか叩かれちゃうのかな、とか、また思わず彼のネタを聞いてクスッと笑ってしまったこちらも「人が傷ついてるのを笑うなんて」と言う人もいるのかな、とか、チラッとでもそんな思考が浮かぶようになってしまったのがなんだかな、と思いました。元来、日頃の宮迫さんの動画をちゃんと観てない、その思想を知らない人だってそこは笑っていいんじゃないかなって。まあでもそれも芸人魂を賭けている宮迫さんだから笑っていいのであって、身近な人が落ち込んでるときに嘲笑うのはもちろんありえないし、その線引きがどうという話になるとまた混沌としてしまいますが…

 

まとめ

テレビではキャラ設定の都合で面白い部分をカットされてしまうような人でもこの番組では本音が語れる、そんな番組にしていけるといいね、という〆でした。そもそも知名度コンセプト両方の面で今後手越祐也を超えるゲストは来るのか、という疑問はありますが、ゲストに合わせて番組の色が変わっていく可能性だってあるし、テレビじゃないからこそできる幅広い可能性がきっとある、そんな未知数の番組で、応援したくなりました。こういう番組にポンと出資できる企業は面白そうなので、スポンサーの株買おうかな、なんて。もちろん面白いからって今後成長していくかはわからないし、番組砲で株価上がって高値掴みになる可能性も否めませんが。

 

 

「とれいC」を振り返って今

私がこの「とれいC」という名前を使ってネット上で活動し始めて、そろそろ6年になりますけれども。

やっと今までを少しだけ振り返る余裕が出てきた気がします。…いや、文章ごとリアルに振り返ると恥ずかしくて死ぬんで昔のブログ消しましたけど(笑)

それまでの抑圧の反動か、私はいざネットデビューしてみると、とんでもない無鉄砲炎上野郎として一頃無駄に有名になってしまいました(笑)

ある人は面白がり、ある人は私を嫌い、ある人は共感して、またある人はまあテキトーに流していたことでしょう。

言いたいこと散々ああだこうだ言ったあと、その後の個人のことなんて誰も気にせず次の炎上祭り会場に行く、というのがまあ、ネット上の作法(!?)みたいなところありますけれども。

でもよく見てみると案外、誰も気にせずってこともなく、私個人のことをずっと、見てくれている人は見てくれているんですね。数年後、時々ブロガーの先輩方が気にかけてくれたりしたんですよ。

「とれいCさんはすごく成長した」
「昔より文章が優しくなった」

調子狂っちゃってどんな反応返せばいいかよくわからなくてアレだったんですけど。すごく嬉しかったです。今でもそう言ってくれたこと、ちゃんと覚えています。今ここでこの記事まで見てくれているかまではわかりませんが、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

まあ、多少成長したからって私の根本は変わらないので、一言余計なところとか言いすぎなところとか相変わらずというか、全てにおいて安定感のある性格になったわけではないんですけどね。そこも含めて好きと思ってくれる読者さんがもし居たら嬉しいし、それに甘えず今後とも自分の課題を考えて取り組んでいく必要があると感じます。ネットで自分を出して人に知ってもらうんだもの、正直さ、



かっこつけたいよね。
他人にツッコまれたくないよね。

ネットなんかに自分を吐露しなきゃやっていられなかった時点で、たいした人間じゃあないのにね。そういう気持ちはどうしてもいつでもあるのですよ。


昔は、普段言えない私の心の10割出せるようになりたいブログ運営でした。そのうち普段からそれを言える自分になると、書くことがなくなりました。そして最近は、言えることの中から、何をどうして文章化するのか、それを通して何を目指すのか、模索しています。ネットに書けない気持ちを何より大切に過ごしているけれど、時が過ぎ年を取ってから、いつか振り返って書いてもいいのかな、なんてこともあります。


人からどう見られるかを気にするか、気にしないか。親とか社会とか友達とかいろいろありますけれども。薄い発想と揶揄されたこともありますが、感じてた社会的抑圧を跳ね除けて、私は私になりたかった。

でもその私って何?自分らしさって何?
って思ったときに、昔は何ができる、何をしていく、その結果こう進んでいく。ポジティブに進展していかないと、自分かしら、社会かしら、とにかく何かに負けてしまうような気がしていました。

でも今は、どんなに手を伸ばしても、喉から手が出るほど欲しくてもできなかったことの塊で、自分らしさってできているのではないかな、と感じています。

そして、そういう自分を受け入れてもらえることほどありがたいことってないですね。けれどもしそれを失ったとしても、悔いのないように生きていきたい今日この頃です。

…なんか今日でこのブログ終わりそうな雰囲気の内容になっちゃいましたけれども(笑)
終わらないよ?たぶん!!

私はとれいC。
こんな奴ですが、今後ともよろしくお願いします。

肩の力を抜けるようになりたい

いやおまえ四六時中寝てる無職ヒモ野郎(厳密に言うと女なのでヒモ花子?)の分際で何言ってるのってかんじのタイトルかもしれませんが。

 

でも私はとにかく大真面目に全力で働かないために生きてきたんですよ。働かずに寝て暮らすために他の細かいことはばっさり捨ててきたんです!それで、こんな生活してるくせにけっこう理屈っぽくて、ブログ書くときなんかは特になんか身構えちゃったりしがちなんですね。最近そうでもなくなってきたかな?でもまだまだだなぁと。あんまり肩の力抜きすぎるとブログすら書かなくなったりするしね(笑)

 

しかしあれ困るね。「もっと肩の力抜いて」と言われてもね。それが出来る人は元から力入ってないと思うよ(笑)あと大変なときに「今のあなたには余裕がないんだよ」と指摘する人も同じくなんなんでしょうね。「そっかぁ、私に足りなかったのは余裕!ちょっとコンビニで買ってくるね!」ってわけにもいかないのに何がしたいんですかね(笑)…なーんて言うのはちょっと意地悪かな。本当はね、言ってる人にも余裕がないことをこちらには悟られたくなかったのかなって薄々推察してますけどね。まあ人間そんなもんよね。お互いにそういうこと言い合って傷つけ合ったことなあなあにして疎遠になっていくもん…って脱線したな!昔を思い出してしまった。

 

今はただ本当に、どうでもいいところまで理屈で考える癖をやめた方が、もしかしてもっと人生豊かになるかしらって贅沢なこと思ってるだけなんですけど。自分らしさ、自分らしさ、私は何を考えているのか…って考えれば考えるほど固くなってしまうというか。そういう思考に助けられることが多かったからこそ、というかまずこういう思考が出ることになったことが20代の私の収穫ではあったと自負してはいるけどね。今後はもう一段階、加減を覚えてもいい頃かなって、最近思います。

 

さて今日の文章はどのぐらい肩の力を抜いて書けたでしょう!

さあね!自分でも明確にくっきりわかることは少ない!

 

 

恥の多い人生ぐらいで人間失格になっては困る

え?あの本そういう話じゃないって?

人間失格

人間失格

 

 実は一回手に取ってみたことはあるんですけど、長いし辛気臭いしなんかしんどくて10ページも読まずにやめちゃったんですよ。我ながらお前本当に文学部出身か。

 

なんでこんな話しだしたかって、実は今回のコロナウイルス騒動でちょっと考えちゃってさ。もし私が新型肺炎、あるいは予想外にそれ以外の事柄で突然死んだ場合、このブログ永遠に残るのちょっと…やだなって…思ってこのブログ開いたらさ、

 

「あれ?この内容なら別によくね?」って(笑)

そしてこのように単なる新しいブログネタになってしまった(笑)

でも昔のブログはすごいモラトリアムこじらせてて自分でも振り返れないのでマジで消す…もうAdsenceもほとんど入ってないしはてなプロの期限とかどうでもいい…その前に私が死んであれが残っちゃったら後悔する…

 

話を突然死に戻すとさ。いるんですよ。はてなブログやってる人なら知らない人はいないんじゃないかってぐらい有名なブロガーで。福岡でセミナーやったきり、突然刺し殺されてそれきり。未だにブログもそのときのまま時が止まってる。衝撃だった。ブログやっててオフ会とかも行ってた身としては、全く関係のない話でもなかった。今でも我々ブロガーの間ではずっとこの事件の話が脳裏に焼きついてて集まるたび毎回話題に上がるし、とくに有名なブロガーやアフィリエイターと個人で飲んでるときは無防備に「なう!」とか言って写真アップしないように気をつけるようになった。

 

今はコロナコロナで騒ぎになってるけど、それを気にしながらある日交通事故で死んだりすることだって大いにあるかもしれないよ。自分にとっての正しい生き方ってなんだろうね。悔いのない人生を送ろう。

 

このブログもしばらくしたら消そうと思ってたけど、こうしてたまに書きたくなるしやっぱりいいかなとも思ったり。してるうちにいつかやっぱり消したくなるかもしれない。本当フラッフラだよねー私。

 

 

コロナウイルス感染?症状緩和できた方法

はじめに

昨日から急激に鼻と喉の調子が悪いです。
いつもたくさんお茶を飲んで一晩寝ればだいたい良くなるのですが、どうにも今回治りが悪いです。花粉症って可能性もあったけど、おもっきり咳してる時点でちょっとその線は諦めております…
とにかく、医者に行ってどうなる話でもないので家でできることをやっています。

つまり民間療法なので、これをやれば急激に治る!というわけではないのですが、その場しのぎの緩和が今の私にとって一番大切なわけです。ざっくり紹介します。

一番よかったやつ

セージ7滴、ペパーミント2滴垂らして入浴。入る前はだるかったのですが、いざ入ってみるとめちゃくちゃスッキリ!これ超オススメ!…まあ風呂出たらまた鼻垂れてだるくなってくるのですが。しかし一瞬でもスッキリしたいのさ。

生活の木 セージ3ml

生活の木 セージ3ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


セージじゃなくてもティートゥリーとかローズマリーとかその辺の爽やか系の草の香りだったらなんでも良いと思います。

お茶

とにかくたくさん水とお茶を飲んでトイレに行きまくっています。ちょっとはマシになってる気がします。いつもはこれですぐ治るんだけどなぁ。

食べる

食欲がなくても食べられるうちに食べています。口にしたらしたで美味しいしもっと食べようと思えるようなものにしています。野菜しっかり取って、あとニンニクに期待しています。ビタミンのサプリメントも摂取しています。ただの日常の健康法ですねこれ。

香港のお土産常備薬

香港で買ったタイガーバームとロールオンタイプの紫花油です。

f:id:sakenominimal:20200223123306j:plain

タイガーバームは首に、紫花油は鼻下に塗ってます。一度タイガーバームを鼻下に塗ったら効きすぎて死にました!顔はダメだ。今度香港行ったらもっと大きなサイズを買いたい。

あっさり系ハンドクリーム

あるいはボディーミルクでも良いと思います。しょっちゅう鼻かんだりトイレ行って手を洗うので、すぐに手が乾燥します。しかしあまりしっかり保湿してもまたすぐ鼻かんで手洗ってネチョッってするので、軽いタイプのハンドクリームに留めています。

ロクシタン(L'OCCITANE) ヴァーベナ アイスハンドクリーム 75ml

ロクシタン(L'OCCITANE) ヴァーベナ アイスハンドクリーム 75ml

  • 発売日: 2017/06/12
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

私はこれ使ってます。偶然いただいたのですが、体調が悪いとものすごく香りに慰められる…今めっちゃ活躍してます。

消毒

スマホの画面とか定期的に拭いてます。まあ見事にダウンしてるんで意味なかったかもしれませんが。今使ってる分なくなったらスピリタス薄めて使う予定です。度数が鬼高いだけでただのウォッカだから飲めるよ。飲まないけど。

スピリタス [ ウォッカ 500ml ]

スピリタス [ ウォッカ 500ml ]

  • メディア: 食品&飲料

さいごに

何してようが感染するときはする!私だってうがい手洗いぐらいしとったわい。でも普通にみんな歩いてるし電車乗ってるもん。個人で防げないでしょもう。恐れてどうにかなる領域をとうに超えています。近所で感染者が出た時点で私はあきらめました。死ぬときゃ死ぬ。元気なうちにスイーツビュッフェや寿司食いまくったので満足です。意外とそこまで寝込んでいないので、また調子がよくなっていたら温泉行こうと思っています。誰を責めても誰に責められても人生は一度きり。最期まで悔いのないよう楽しみましょう!

『月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方』感想レビュー

はじめに

久しぶりのブログ記事が読書感想です。しかも普段あんまり読まない類の本の。

なぜなら数年前からたまに一緒に飲んでいるたんたんが本を出版したからです。

だいたいA1理論と三人で飲んでは派遣だの節約だの働き方だのの話を延々していることが多いのですが、よもや話していたことがまんま出版される日がくるとは(笑)

 

突然内輪の話連発ですみませんが、誰だよたんたん、誰だよA1理論という方、もしいらしたらざっくり説明すると、正社員でも生きづらいこの時代を逆手に取ってあえて派遣で働き、上手いことワークライフバランスを保っている人々です。私の昔のブログ時代からのお友達で、当時から影響を受けた人々でもあります。

 

まあそんな人がこんなタイトルの本出してさいごにA1理論のブログ名まで本に記載してるもんだから、出版してもまさにいつものたんたんそのまんまでびっくりです(笑)

 

ある種エッセイに近い一冊でした。ブログに感想を書くことを条件に本をいただいたので、早速書いていきます。

 

感想

この手の本、キャッチーな見た目ということもあり「参考にしよう、自分もがんばろう」という気持ちで手に取られる方が多いのではないかなと勝手に推測しているのですが、あまり気負いすぎず、こういう生き方もあるのだなぁ、という程度で読んだ方が楽しいかな、と思います。

 

もちろん親切にわかりやすく書かれているし、何一つ嘘はないと思うのですが、多くは彼が本当に仕事に誇りを持ち素質的にアクティブで、読書やブログ構築が心から好き、という気持ちがあったからこそできたことだと思います。

 

つまり人にはそれぞれ特性があって、いくらお金がほしくても、成功している人と全く同じモチベーションで同じ真似ができる人というのは実際少ないと思うのです。もちろん心から楽しんで全部真似できるに越したことはないけれどね。

 

5章が一番好き

実はこれについては本の5章によくまとまっています。私が一番好きな章です。むしろ最初に5章読んでもいいんじゃないかぐらいに思っています。先ほど話したことは、この章の「自分の弱点を克服しなくていい」に該当していると思うのです。

 

自分の性格、得意なことや苦手なことを分析するのは大事です。自分の特性を知ることができれば、「それを生かして最大限に得る手段」を考えることができています。僕の場合は「嫌なことや興味のないことは克服せずに徹底的に排除。その代わり好きなことや得意なことに時間を割く」を実行しました。

 

何かを変えたいと思うけれど何をしていいかよくわからないときに、まず5章を意識するだけでもだいぶ変わるのでは、と感じました。自分の心持ちやちょっとした生活の見直しが詰まっている章だからです。他の章にある読書月10冊とかネット収入より気軽にすぐ取り組めると思います。

 

付箋のススメ

私はライフスタイルについては自分なりに結論が出ていて今更感があるのですが、しかしもし自分がまっさらな状態であったらこの本をどう生かすかを考えてみました。

 

5箇所以内で印象的な場所に付箋を貼るのです。そこだけ毎日読みます。自分はどうかなって考えて、今後どうしていくか考えます。その結果決めたことが実現できたら付箋を取るのです。

 

正直本の内容自体は日頃彼がネットで発信していることと大きくは変わらないのですが(そこが誠実でもある)、ネットはどうしてもそのとき見るだけで終わってしまう傾向があるように思うのです。復習しやすいのが紙媒体の良さと思います。

 

付箋を貼って日々確認し、場合によっては鉛筆で書き加えることで、本の内容を少しでも自分のものにしていくことができるのでは、と思います。その時々によって学びたいことは変わって当たり前なので、いつでも消せるようにペンではなく鉛筆がいいと思います。

 

なぜ5箇所に限定したかというと、たくさん付箋をつけてもそんなに一気に消化できないからです。達成しやすい目標を設定して確実に消化していく方が、結果も出るし達成感もあると思います。

 

ただあくまで私のやり方なので、これが絶対というわけではなく、人によって他にもいろいろ方法はあると思います。とにかくそれぐらいよく読んで自分のものに落とし込む価値がある内容の本であると思います。もちろん全部とは言わず、それぞれ自分に合っている部分を重点的に取り組めばよいのではないかと。

 

おわりに

たんたん、出版おめでとうございます!彼とはかけ離れてぐーたら思考な私なりに、その仕事ぶりや人への関心、そしてこの本に賭ける情熱は感じていたので、そういった希望や努力がまた一つ形になってよかったと、いろいろ詳しくないなりに思います。

 

 

読みやすくよくまとまった一冊でした。ありがとうございました。