私はとれいC

専業主婦という名のセミリタイア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「とれいC」を振り返って今

私がこの「とれいC」という名前を使ってネット上で活動し始めて、そろそろ6年になりますけれども。

やっと今までを少しだけ振り返る余裕が出てきた気がします。…いや、文章ごとリアルに振り返ると恥ずかしくて死ぬんで昔のブログ消しましたけど(笑)

それまでの抑圧の反動か、私はいざネットデビューしてみると、とんでもない無鉄砲炎上野郎として一頃無駄に有名になってしまいました(笑)

ある人は面白がり、ある人は私を嫌い、ある人は共感して、またある人はまあテキトーに流していたことでしょう。

言いたいこと散々ああだこうだ言ったあと、その後の個人のことなんて誰も気にせず次の炎上祭り会場に行く、というのがまあ、ネット上の作法(!?)みたいなところありますけれども。

でもよく見てみると案外、誰も気にせずってこともなく、私個人のことをずっと、見てくれている人は見てくれているんですね。数年後、時々ブロガーの先輩方が気にかけてくれたりしたんですよ。

「とれいCさんはすごく成長した」
「昔より文章が優しくなった」

調子狂っちゃってどんな反応返せばいいかよくわからなくてアレだったんですけど。すごく嬉しかったです。今でもそう言ってくれたこと、ちゃんと覚えています。今ここでこの記事まで見てくれているかまではわかりませんが、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

まあ、多少成長したからって私の根本は変わらないので、一言余計なところとか言いすぎなところとか相変わらずというか、全てにおいて安定感のある性格になったわけではないんですけどね。そこも含めて好きと思ってくれる読者さんがもし居たら嬉しいし、それに甘えず今後とも自分の課題を考えて取り組んでいく必要があると感じます。ネットで自分を出して人に知ってもらうんだもの、正直さ、



かっこつけたいよね。
他人にツッコまれたくないよね。

ネットなんかに自分を吐露しなきゃやっていられなかった時点で、たいした人間じゃあないのにね。そういう気持ちはどうしてもいつでもあるのですよ。


昔は、普段言えない私の心の10割出せるようになりたいブログ運営でした。そのうち普段からそれを言える自分になると、書くことがなくなりました。そして最近は、言えることの中から、何をどうして文章化するのか、それを通して何を目指すのか、模索しています。ネットに書けない気持ちを何より大切に過ごしているけれど、時が過ぎ年を取ってから、いつか振り返って書いてもいいのかな、なんてこともあります。


人からどう見られるかを気にするか、気にしないか。親とか社会とか友達とかいろいろありますけれども。薄い発想と揶揄されたこともありますが、感じてた社会的抑圧を跳ね除けて、私は私になりたかった。

でもその私って何?自分らしさって何?
って思ったときに、昔は何ができる、何をしていく、その結果こう進んでいく。ポジティブに進展していかないと、自分かしら、社会かしら、とにかく何かに負けてしまうような気がしていました。

でも今は、どんなに手を伸ばしても、喉から手が出るほど欲しくてもできなかったことの塊で、自分らしさってできているのではないかな、と感じています。

そして、そういう自分を受け入れてもらえることほどありがたいことってないですね。けれどもしそれを失ったとしても、悔いのないように生きていきたい今日この頃です。

…なんか今日でこのブログ終わりそうな雰囲気の内容になっちゃいましたけれども(笑)
終わらないよ?たぶん!!

私はとれいC。
こんな奴ですが、今後ともよろしくお願いします。