私はとれいC

専業主婦という名のセミリタイア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

アラサー未経験ノリでキャバクラ体験入店未遂

春になって無駄な行動力を持て余してからはや数週間。気づけば酔った勢いでやったこともないキャバクラの体験入店に応募していました。

 

それはまあいいんだけどさ。まず受かんないだろうと思ったんだよ。

28にもなって名前と連絡先ひとつで夜な夜な「業界未経験でーす明日お願いしまーす☆」ってネットで求人送ったってさ、誰が信じるよ(笑)

翌朝起きたときには応募したことすら忘れてたわ(笑)

 

しかしそれは夕方に来た。

 

「今夜来られますか? 身分証だけ持ってきてくれればいいので。」

 

店に行く

駅でボーイさんと待ち合わせたら待ち合わせたで、

 

「今日は何時まで勤務できますか?」

 

ってえええマジすかマジで即日働くかんじですかこれ大丈夫ですか何したらいいんですか普段ジャージで寝てるんですけどこんなの採用していいのほんとに??? ちなみに聞いたところ体験入店の人は終電で帰ることが多いそうです。お店の希望としては早朝まで居てくれた方が嬉しそうな空気だったけど。

 

「業界未経験なのですが何か気をつけた方が良い特有のことなどあれば教えてください。」

 

「まあこれと言ってとくには。そんなに身構えることもないんじゃないですかね。」

 

「普通はやっぱり三十路で未経験の方はあまり来ないですか?」

 

「まあたしかに経験者が多いですがあながちいないというわけでもないですよ。でもどちらかというと復職される方が多いですかね。」

 

そんな会話をしていると店に着いた。サスペンスドラマの絵に描いたような内装のキャバクラだった。

 

面接

「週何回、何時間来れそうですか?」

 

え?

 

「お気軽にまずは体験」という求人の文言はなんだったのだろう。「お気軽」の受け取り方が店と私でどうやら違ったようだ。しかし流されず私は答える。

 

「すみません、体験なのでそこまで深く考えていませんでした。ただ家業も手伝っているので税収の関係でそんなに頻繁には出勤できません。」

 

これを言った瞬間グイグイ来ていた店長の様子が急変しました。

 

「うちは長期勤務前提で採用を行っているので、すみませんがそういった方のお力にはなれません。入店時に必ず12%給料から所得税は引かないといけませんし。今日はお引き取り下さい。ただそうですね、そういった要望の方は派遣の方が調整がしやすいかもしれません。ただ未経験の方の派遣を業界が受け付けているかまでは私は詳しくないんですけど…」

 

このように親切にアドバイスをいただきつつ静かに冷静に交渉は決裂し、私の急な体験入店勤務はなくなりました。それにしても12%の所得税とはどえらい国である。なんか騙されてね?

 

言葉通り税収の上限があることが気に入らなかったのか、はたまた税収のことまで頭が回る女が嫌だったのか。というわけで結論から言うと税収で落とされただけで年齢の割に未経験であることは自分が気にしていたほど問題ではなさそうでした。

 

感想

しっかしなー、どこの馬の骨かもわからんネットの応募情報に即日電話し本格的に入店させようとするって、どんだけ人足りてないんだろうな。べつに怖いとかはなかったけどね。すごくまともで大人で怒らせたら怖そうだけど普通に話したら話通じそうな感じの元チンピラみたいな店長さんだった。ほら、結婚式の宴会サービスとかでチーフやってそうなタイプ。

 

しかしまあ、もしも私が無職で独身で金に困っていたら、即日入店して稼ぐかんじになっていたのかなあ? でもあれじゃあどんどんシフトぶっ込まれて仕事に追われて税金まで配慮する時間なくなってくるんじゃないだろうか。そもそも所得税12%ってマジで何。体験入店来ていきなりその誓約書サインさせる??

 

こうして世のワープア女性はあっという間に仕事が決まり一時的に救われ月収を増やし知らぬ間に手に負えない税金とストレスと夜に飲まれていくのだなぁ、などとぼんやり考えながら帰りました。一体どれだけの女性が目的を持ってしっかりこの仕事を乗りこなしているのだろう。相当ハッキリした目的があるか意志が強いか賢いかじゃないとなかなか無理じゃないかなぁこれは。

 

しかし東京ではその税金と家賃の高さと昼の仕事の月収の低さゆえ、夜職掛け持ちの女子が多いといいます。私は23区一人暮らしでも生活に月10万もかからなかったのでそんなことは考えたこともありませんでしたが、それはつまり化粧や服を気にせず女性らしくない生活をしている、とも言えるのかもしれません。いわゆる一般的な女性らしい東京の女性にとって、キャバクラは体験でも気分転換でもなく本当に必要なセーフティーネットなのかもしれない。

 

そんなことを思いながら門前払いされてトボトボ帰りました、まあ現職の方は不採用BBAの負け犬の遠吠えと思ってあまり気を悪くせず読んで下さい(笑)