私はとれいC

専業主婦という名のセミリタイア

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイアは収入源が偏りがち

セミリタイアブログをやってる人ってたいてい株の話をしています。まあ、独身でリタイアしようと思ったら、ぶっちゃけ収入源それぐらいになってくるよね。

他に具体的に稼げる手段を持っている人は、セミリタイアではなくフリーランスとして自らの仕事について発信しています。

 

つまり私をはじめわざわざセミリタイアを名乗る人というのは、会社員は嫌だがフリーランスでやっていく気概もないという、非常に「稼ぐ」という行為に対して難のある連中の集まりなのです(笑)

 

ニートとの違いは、

  • 親や国の世話になっているわけではない
  • 就労経験がある
  • やる気がないだけで働こうと思えば働ける人が多い

ことではないかなと思います。まあでも、広い意味でのニートの一部にセミリタイア勢がいるような気も。セミリタイアブログで調べると、たまに第二の人生、あんたそれただのリタイアや、みたいな年齢の人も正直いるので、定義が曖昧であるとは思います。

 

私だって言ってしまえば、異様に働きたくない願望が強い専業主婦であるわけですしね。リタイアっちゃリタイアですけどね。

 

f:id:sakenominimal:20181224143930j:plain

全然関係ないけど焼肉食べたい!! 記事のアイキャッチこれでいいや!

 

偏るな、分散せよ

で、これの何がまずいって、収入源偏り過ぎなんですよ。セミリタイアに限らずなんでも偏り過ぎは良くないです。

 失恋の話でも「彼ばかりに依存し過ぎた」なんてよく聞く話だし、私のブロガー仲間であった先輩は、会社を辞めてブログの仕事に専念しだしてから急に怪しげな情報商材ばかり売るようになってしまいました。ネット界の権威という意味ではすごいのかもしれませんが、アーリーリタイアのようなまったりした日々は過ごせない世界だと思います。会社辞めてやりたかったこと、それ? っていう。

 

生活が軌道に乗っているセミリタイア勢は、この辺の分散がとても上手いと感じます。

 

自分自身の課題

実はこう言っている私自身、収入源がかなり偏っています。ほぼすべて旦那頼みなんですね。家賃光熱費が無料なのも、毎月お小遣いがもらえるのも、全て旦那のはからいのおかげです。彼の財政事情や気が変わったらこれらはなくなります。

 

うちは結婚式を一切やらず、浮いたお金でこの前不動産を買ってもらいました。普通の人にはあまり手を出すことをおすすめしませんが、ありがたいことにうちは旦那が業界人なので割と出来レースの勝ち戦みたいなところがあるんです。

 

それで家賃収入が入るようになれば、まあ最悪離婚しても一人でなんとか暮らしていけます。しかしその場合2,3万円分のバイトも気楽にしたいので、私は都会から出られないなと思います。新百合ヶ丘とかね、家賃安くて便利で治安も悪くないからいいよね。

 

まあでもここまで私の未来のためにお金と力を使ってくれた人って今までいなかったので、あまりいつまでも離婚を想定して行動するのも良くないのかなと思います。例えば旦那が急死してしまって「ああもっと信用してあげればよかった」なんて後悔もありうるわけで。そんな人生は嫌だ。

 

欲を言えばもう少しブログ収入も増やした方がそれに越したことはないんですけどね。人の役に立つって結構エネルギーいりますからね。リタイアしたい性格なのでなかなか(笑)

元気が出たらもう少し節約料理のレシピを増やしたり、リタイアの話に特化してアクセスを増やすのも楽しいかなと考えています。でもあんまり凝りすぎるとだるくなってブログごと消したくなったらまずいからね、ほどほどに(笑)